HOME>>領域概要>>A03:ナノ界面プラズマを「使う」

A03:ナノ界面プラズマを「使う」

 界面サイズ縮小で顕著となる相互作用の揺らぎの抑制法と増幅法を確立し,それぞれ揺らぎの無いトップダウンプロセスと制御された自己組織化ボトムアッププロセスを実現する。例えば,液相,超臨界状態等の高密度環境化でのプラズマとナノ界面の相互作用による超高効率高選択性を活かした新規廃棄物処理・リサイクルプロセス等の応用を実現する。


A03:ナノ界面プラズマを「使う」

A01:ナノ界面プラズマを「作る」
A01:ナノ界面プラズマを「作る」
A02:ナノ界面プラズマを「見る」
A02:ナノ界面プラズマを「見る」
A03:ナノ界面プラズマを「使う」
A03:ナノ界面プラズマを「使う」

このページのトップへ
Copyright (C) 九州大学 白谷研究室 All Rights Reserved.